医院紹介

.jpeg

 

歯周病治療について

2.jpeg

☆☆☆今ある歯を大切にをコンセプトに当院では歯周治療に力を入れています。☆☆☆


歯周病(歯槽膿漏)とは歯を支える骨(歯槽骨)を溶かす病気です。歯周病が進行するにつれ歯槽骨が溶けてきます。他にも歯ぐきから血が出る、膿が出る、口臭がひどくなる、歯がぐらぐらする、などの症状が現れます。
*歯周病は成人のおよそ8割がかかっているといわれています、特に40代後半から増加がみられるため注意が必要です。

また最近では、歯周病は全身の健康に影響を及ぼすことが分かってきました。
動脈硬化・心臓病・呼吸器疾患・糖尿病・早期低体重児出産などの問題は歯周病からの影響もあります。十度の歯周病になると歯を支えられなくなり、自然に抜けてしまったり、治療も難しく抜くことになる場合もあります、歯を失う原因の多くはむし歯と歯周病なのです。


訪問歯科診療について

地域に開業して20年!信頼できる歯科医院からの訪問です。

★ 訪問を楽しみにしてもらえる心のこもった訪問歯科診療を目指しています。
★ すぐに対応いたします(地域に密着した迅速な訪問を目指しています)
★ ご利用者様、ご家族皆様とのコミュニケーションを大切に治療を口腔ケアを進めていきます。
★ お口の環境を整えて、食事を楽しく健康に繋げてもうらうことを目指しています。

 

口腔ケア

お口を清潔に保つことで感染症を予防します。肺炎や心筋梗塞、脳梗塞のリスクを減らし、糖尿病にも有効です。

歯科治療

虫歯、歯周病、入れ歯を治して体調を整え、食べる喜びをもたらします。

口腔リハビリ

口腔周囲筋のマッサージ、口腔体操を行い、積極的に噛む力と飲み込む力を鍛えます。

通院がなかなか難しい方々にも、「お口が健康であってほしい」「なるべく自分の歯でおいしく食事をしてほしい」と願っており、訪問歯科診療を行っております。お口の健康をサポートすることにより、全身の健康、介護予防、自立支援につなげていき、高齢者ご自身の心身の負担を軽減することはもちろんのこと、通院介助に伴うご家族の負担を軽減できればと思っております。
訪問診療についてのお問い合わせも、お気軽にご連絡ください。


健口生活は健康生活

1. 適切な口腔清掃を身につけましょう

お口の清潔はカゼや肺炎(誤嚥性肺炎)の予防につながります(寝る前のお手入れが効果的)

2. 口腔機能トレーニングを続けましょう

無理のないように、毎日続けることでお口の機能の向上・維持につながります

3 噛みごたえのあるものにも挑戦しましょう

4 栄養のバランスを考えて食事しましょう

特にたんぱく質は体を作る栄養素です
(肉・魚・卵・大豆・乳製品など)上手にたんぱく質を献立に加えましょう

 

いびき治療について

3.png

いびきを自覚することは少なく、第三者から指摘され気づくことが殆どです。最近では、若い方でもいびきが気になる方も多くなっております。
睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。
また、睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病と密接に関係しております。放置すると生命の危険に及ぶことや、睡眠時無呼吸症候群特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。

スリープスプリントとは・・・

supurinto.jpg安全で有効ないびき治療法です。
事前に医科で終夜睡眠検査を受け、スリープスプリントが適応と判断されて
歯科医院を紹介された場合、保険で治療ができます。 
習慣性いびき症など睡眠時呼吸障害の患者が増加している原因は、
食生活の欧米化、グルメ嗜好、飽食などによって肥満者が多くなってきているからです。肥満になるとベロ(舌)が大きくなって、寝た時にのどの気道(空気の通り道)をふさいでしまうのです。
スリープスプリントは、寝るときに舌の顎を少し前方に突き出せるように工夫したマウスピースを口に入れてお休みになる方法です。この装置を入れることで、のどの気道(空気の通り道)がひろがって、いびきや無呼吸がなくなるのです。

 

誤嚥性肺炎に要注意!

goensei.png高齢者の死亡原因の第3位は肺炎です。
お口が汚れているとお口の中の細菌が肺に入り 肺炎になる事があります。
特に体力が弱い高齢者には、肺炎を予防するためにも口腔ケアはなによりも大切です。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
042-577-1992